クレジットカードじゃない新しい支払いの形

by bgyoukei
 
<   2005年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
 
今日より勝手ながら第三弾とさせていただきます。
今まで在宅ワークについてあおっていたこのブロクですが、
今日は改めて働く事の意義について自己自問を軽くしていきたいと思います。

ある事情により「この一ヶ月以内に職に就く」と言う事を某所で公言してしまいガソリンスタンドへバイトのつもりで面接に行ったところ30分足らずのところで「うちには社員登用制度もあるんですけど…(省略)」と言う事でいきなり社員として採用が決定しました。
真面目が一番という話は久々に聞きました。何せ仕事で真面目にするのは当然の事ですが改めてその台詞を聞くと何ともえも知れない気持ちになりました。いい意味で。
何せバイトのつもりで考えていた物ですから…「棚からぼた餅」のような感じです。
聞くところによると最近のガソリンスタンド業界は人手不足であり、さらには一部ではサバイバル(生き残り)の考えではなく大儲けをしてやるという考えの時代だそうです。変わる物です時代という物は。
よくサバイバルとリストラをある種両輪と考えている会社とか業種とかあるのではないかと思われますが、まさかガソリンスタンド業界が守りではなく攻めの体制だったとは。とはいえよくよくビデオの内容を思い返すとそれは数年前の話でした。
…あーそうそう、面接のあとにいろいろビデオ見せてもらったんです。ガソリンスタンドでの基本動作みたいな物と言いますか…と言うところでガソリンスタンドで基本と言えば給油ですけど…給油の際にちょっとだけ空く時間をどう利用するかのノウハウの事についてもビデオは記していました。そうです。「カード作りませんか?」はその一つです。

おっと。ここまで話を書いてしまったら大変な事になりそうなので本題いきます。
働く事の意義とは、何かをやってその結果としてお金がついてくるという事な訳でも説明できます。ガソリンスタンドで言えば給油して送り出すと言うのがそれに当たりますが、ガソリンスタンドでは大抵のところは給油以外の事をやっているはずです。言うまでもない事ですが、車検、タイヤ交換、オイル交換、その他車に関しての事についていろいろ用意しています。
近年は差別化を図った結果と言いますか、サービスが高いところ、セルフで安いところとあるようです。セルフでないところはサービスをウリとしていると考えてもいいでしょうか。
その質問はいつされると言うよりは給油の度に
洗車とか勧められてませんか?
オイル交換とかも勧められているでしょう。
コーティングもありましたね。
タイヤの空気圧を見た店員が交換を勧めに来た事もあるのでは?
これでお金をもらわなかったら奉仕になるでしょう。
きれいな言い方をすると人の役に立ってお金をもらうという事になるでしょうか。しかしそれだけでは何か足りませんね。
そこにいずれ加わるであろう物は信頼でしょう。
「洗車もこういう所でするのもたまにはいいなぁ」から
「あーそうか車検かぁ」
「そういえばオイル交換わすれてたなぁ」
「いやーあのときタイヤを交換しておいてよかった。あのまま走っていたらひょっとしたら…」と言うところまでいろいろなところへ行き着くでしょう。
中には店員がカードを勧める前にそれをそらす話で店員に自分を売り込むお客もいるでしょうが。それはどうでもいいか。

ガソリンスタンド業界のことを全て学んできた論調で書いてしまった感がありますが、それは「環境破壊の根源の一つ」の話と同様ここでは問わない方向で。
念のためにまとめますが、少なくとも働くという事は誰かのために労力と時間を提供するという事ですが、うまくいくと信頼がついてきます。
昔誰かが言っていた様な話ですが、誰かが働く事で世の中が動く訳です。
もう一つ誰かが言っていた様な話ですが、世の中を動かしているのは基本的に真面目な人だそうです。その中心は工業製品とかを製造する工場の工員とか、農作物を作る農家の人とかの様な感じもありますが、仮にもガソリンスタンドはそれのどこかに一噛みしています。それは考えるまでもないでしょう。
早い話「あんたが居ないとうちの家業は始まらない」という信頼において世の中という物は動いているという訳ですな。
もしこれが経済だけで考えてしまったならどうでしょうか。ひょっとしたらそれが「失われし10年」の後遺症だったのではないでしょうか。

でも今は1リッターあたり120円越えだそ。大丈夫かガソリンスタンド!
(だから車検やったりオイルとかタイヤとか交換したりしてるんで(ry
[PR]
by bgyoukei | 2005-09-22 22:48 | かろうじて工場勤めは回避
 
どうしても職安で仕事を探すのが苦手な人に
会社に勤めるという事はどういう事でしょうか。

簡単に言うと会社からお金をもらう事です。
当然そうなりますよね。会社の中で仕事をするんですから。
もう一つ言うと誰かの下で働くという事です。
つまり自分で自分の管理が出来なくなるおそれがあると言う事も考えられるでしょうか。
しかし大抵の人はMLMは怪しいと言って拒絶し、額に汗する事が労働であると言って譲らない物なんです。

さて僕の高校卒業からの話をざっとしてみましょう。
5年間電話工事をやり数ヶ月開けて某軟水器のメーカーに数ヶ月、半年空けてそのあと倉庫でバイトをやります。その倉庫が移転をするという事で一年で実質解雇。次に警備員をします。一年数ヶ月たった頃、仕事が無くなって数ヶ月間とうとう工場勤めとなったわけですが、この間誰にほめられるでなく会社では小さくなり続け萎縮しまくっていた頃がありました。それを考えただけで会社勤めは嫌になってくるのですが、さらに親と同居していましたのでよせばいいのに人の仕事にケチをつける有様。これだけ見たらとても不器用な人生を歩んだ物です。
一時期は親に「あんたが俺の上司になれよ。だったらちゃんと黙って話聞いてやる。」とかもいった物です。今考えてみればこの親のためだけに「いい学校に入りいい会社に入っていい額の給料をもらうように」すればよかったのです。ところがうちの親は在学中にはとうとうそれを言うことなく社会人になってからそんな事を言い出しました。少なくともそういう風にどうしても捕らえてしまいます。入って辞めての五年間ぐらいはそのように言われてもしかたありませんが電話工事をやっていたときも似たような事を言ってたので…困窮ものです。
さらには軟水器メーカーにいたときなんかは必死に「辞めろ辞めろ」の大連呼。自分の息子が働くのがいやなのか働かないのがいやなのかさっぱり分かりません。どんな仕事であっても働いている事に代わりはありませんし、ましてや会社にいるのですから安くても行けば必ず給料はもらえる訳です。何が不満なのか今ださっぱりです。

このブログを立ち上げたのは自分でメンタルトレーニングをと言う事でも始めた訳ですが、今日は今までの自分の出で立ちを観察する事にしました。
僕にはどうしても弱いところがあって、会社のムードが悪いと絶対に続かない事です。
仕事はやってのけようとしますが、どうしても他人が云々言って入ってくるとうまくいった試しがありません。
よく何かのせいにします。一番いけない事ですが、どうしても超えられない何かを感じてしまうのです。
落ち着いて一つの事に専念が続かない事です。
来週からもしくは早ければ今週から行く事になるであろうバイトでもう一度その弱点を観察する羽目になるでしょう。
ただ一つ警備員は好きでした。ほぼ「一人で現地に出向き稼働をこなす」事が多いからです。そうでない場合でもマニュアルを完全に覚えていてこなせるようにもなっていたので自分の器量で物事をやっていけたからでもあるでしょうか。時には班長も未熟ながら勤めさせてもいただきました。「警備の仕事がこない」なんて事がなかったら警備員として人生を過ごしこんなブログすらもなかった事でしょう。

そうは言いつつも職安で仕事は探さないつもりです。
本当を言うと今日でこのブログを閉鎖しようかとも思いましたが、僕が手をつけた在宅ワークはまだスタート地点にすら来ていなかった事を知ったためまたかけるネタを見つけたら書いてみようかと思います。
[PR]
by bgyoukei | 2005-09-20 21:58 | 儲からないにしても…
 
久々に書く文としては難ですが。
今日まで在宅でと考えていましたが、当面の儲けが出ていないためあきらめるとまでは言わずともバイトの面接を受ける事にしました。

さて、ここでは今まで在宅ワークに関してめい一杯書いてきたつもりですが、ある方と電話をしてちょっとよかった事を話します。
その方は某健康食品系+自然に優しい洗剤のMLMをやってらっしゃるのですが、この手の方にしてはとても落ち着きのある方で、この方のアップの方がその会社のビルに行ってヒートアップしている状況を落ち着いた感じで伝えてもくれていました。だいたい健康食品系のMLMをやってらっしゃる方のイメージとして
「とにかくすごい」とかを連発したり
「製品がいいから自然に広まる」と理屈にかなっていない話を大いにしてみたりする物ですが、その会社のシステムなのでしょうか。そんなに発狂と言うぐらいのレベルにまで至りやすいのにかかわらずとにかく落ち着いてらっしゃるのです。実際にはインターネットで広告活動をし、資料を配送し、申込書を配送したりもしていますが、落ち着いた声の風貌からそれがとても大変という風な物は感じません。
そんな同氏が言った事ですが、
「一つの物(ビジネス)で70万は無理だが、3つの物の合計月収で100万円は無理と言う事はない。」
単純計算でも3のビジネス×30万とすれば確かに100万近く稼ぐ事は出来ます。
よく数週間で100万円とかと言う物はありますが、…今一部のあいだで言われている事は会社勤めだけの収入でない収入口を作ろうという事です。それが在宅ワークのジャンルにも入るMLMとか情報販売であったりもしますが、一つだけしか収入口がないとしたらそれはこの先どんなに不安な事でしょう。そんな事は考えなくても分かりますね。

もしただで参加できる物であれば参加して体験するという形でやっていけばいいと思います。
しかしインターネットで広告を打たない代わりにしゃべると必ず反発される人ばかりのリストアップではMLMはしない方がいいでしょう。
必ず失敗する方法はリストアップしたときに必ず友人知人を組み込む事です。だから広告を打ちます。しかし広告もただ打っただけでは意味がありませんから必ず開封されるタイトルとかを書いてみたりするようになりますが、広告を打つというのは一度はわくわくする物ですが、そのあと失敗すると恐怖に変わります。とはいえやらないと反響がくるかも分からない訳ですが、パラドックスな訳です。自分で広告屋をやりたいところですが、どうなもんでしょうねぇ。
[PR]
by bgyoukei | 2005-09-20 21:24 | 儲からないにしても…


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アイエイケイ副局長
是非お越しください。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク