クレジットカードじゃない新しい支払いの形

by bgyoukei
 
ちょっと骨休み
かの偉大なサイト様からこういうものをいただきました。
ありがとうございました。
d0031340_1883083.jpg

[PR]
# by bgyoukei | 2005-04-24 18:05 | ねずみ講しか知らないあなたに
 
ネットワークビジネスをしようと思ったきっかけその弐
さすがに長いので勝手ながら区切らせていただきました。

雇われることだけを考えていた頃は「何も出来ない奴」だと考えていました
雇われることだけを考えていた頃には見つけられなかったことを最近はどんどん見つけられるようになりました。
それは、マルチレベルマーケティングが「伝える」事により収入が自分に入ってくるということです。物がよくて他人に「伝える」動機が起これば、それをしたいと考えるようになります。
「伝える」ということが簡単とはいいませんが、「こういう話があるので自分ひとりだけでは不安なので一緒に聞いてほしい」と言って行く事は出来ると思いました。拒絶されるうんぬんを抜きにして。

おまけ
もう職安に行くことを考えないでください。
これをご覧になられる方はパソコンでインターネットをすることが出来る人です。当然ですね。
偶然たどり着いた方、はじめまして。…といいつつはじめて間もないブログなのでみなさん「はじめまして」何ですけどね。
まず職安に行くことで何にぶつかるかというと各会社で年齢制限があります。
そして「楽できない仕事」にぶつかることです。
あと会社によっては
「給料少ない」
「保証がない」
「時間が長い」または
「休日が少なそう」
といった個人的不具合があります。
そして最大の個人的不具合は入って後のことでその中のひとつ
「人間関係」です。
時として求人票と書いてあることと一致しない会社もありますが、
○やたらと怒鳴る人がいる
○仕事を教えないで怒る人または起こりながらものを教える人がいる
○一言言えばすむものを「自分で考えろ」という人がいる。
○怒鳴りつけて育てようとする人がいる。
そのような会社であるかどうかは求人票では判断がつきません。
人間関係がいやな人は絶対に職安に行かないことをお勧めします。
[PR]
# by bgyoukei | 2005-04-22 11:13 | ねずみ講しか知らないあなたに
 
ネットワークビジネスをやろうと思ったきっかけ
履歴書の職歴がいっぱいです。
簡単にいうと履歴書の職歴が埋まってしまったのがそもそものきっかけでした。その中をよく見ると高校卒業してすぐについた電話工事の仕事以外は、どれも一年弱かもしくはそれ以上または二年以下という「負の歴史」のようなありさまでした。
考えようによれば各方面から必要とされていたと考えられますが、普通はそのように考えてくれるところはありません。何せどれも自己理由です。

早朝出勤の弟を見たことがない。
それともうひとつは今まで「朝遅く晩早く」ということがなかったことです。
僕には兄弟がいますが、兄弟と自分の行動を比べた際、愕然的なものがありました。それはほかの兄弟たちが「朝早く」ということを見たことがないからでした。それでもほかの兄弟たちは仕事をこなし、給料を手にしていました。
朝早く出ている自分が馬鹿みたいに見えてきました。
それと雇われの身には超える事のできない壁を見つけました。それは自分で好きなようにできないということです。「あの人とは仕事をしたくない」から「俺はがんばっている。認めろ」という要求は飲んでもらえないということでもあります。一般的にはそういう人は「大人になれ」といわれておしまいです。そして、正しいとされていることを公言できないことも含めます。
また僕は夜勤が嫌いですが、派遣会社の面接で「日勤だけのをお願いします」といったところ「若いんだからお金ほしいでしょ」という言葉に返し刀を喰らい夜勤のあるところに入る羽目になってしまいました。これも「早朝出勤をした弟」を見たことがないのと同様に「夜勤かったりー」といいながら出て行く弟も見たことがありません。

雇われは囚われの身
繰り返し言うようですが、会社に入った時点で「努力する事」は「認められるもの」ではなく「やって当たり前」ということになります。それは能力主義を口だけで語っているところでも、実際にそうであるところでも「努力」は「義務」なのです。しかしあなたの努力は時として無駄と見える場合があります。
それはあなたが「仕事出来ない奴」とされたときです。
それだから自分のやり方が悪いので他人のやり方を導入してもあなたのものになる保証はありません。またそれをあなたが簡単かそうでないかと感じるかでその分かれ目となってしまうのです。
[PR]
# by bgyoukei | 2005-04-21 11:07 | ねずみ講しか知らないあなたに
 
これからの放送予定
学歴のいらないビジネスです。
覚えおいてください。「健康産業」です。
ハーバライフはなぜ悪口が絶えないのか?〜失敗する人々〜
ネットワークビジネスをやろうと思ったきっかけ
初心者です。リストアップができません!
契約は社員持ち?すぐに始められる広告ビジネス
なぜセミナー行くの?

以上を予定しております。
また広告というものにもメスを指してみてもいいかなーと考えております。

先ほどマルチレベルマーケティングは企業がCMを出す代わりにお客の口コミにて流通を起こしてもらいそれに対して報酬を払うと言いました。
マルチレベルマーケティングは日本では「マルチ商法」と訳されています。
しかしながら日本にはそういうことを聞くと
やれ「ネズミ講」だの、
やれ「悪徳マルチ」だのと言われることがあります。
マルチレベルマーケティングでは口コミで流通を起こしますが、それで扱われる商品は質が高いものでなくてはなりません。言うなればそれ相応の金額ににあった価値を持ったものの流通です。「悪徳マルチ」は価値がないものを法外な値段で売りつける事ですから、とてもここで言うところのマルチレベルマーケティングにはそぐわないものです。

そしてネズミ講とは何なんでしょうか。それは商品の流通がないのにお金だけかき集めているような状態のことを言います。例で言いますと、不幸の手紙のようなものです。
「まずこのメールを受け取った人は10000円を私のこの口座に振り込み返信してください。そしてこのメールを三人の人に同じように振り込みなさい。それを確認したらあなたに5000円×3で15000円あげます」
こういった類のものがネズミ講です。

日本には過去にこういった事件が多発し、また法整備が早急にされなかったことで未だにこのしこりが残っています。
そのため日本では
「ネットワークビジネス」とか
「合法マルチ商法」とか言われています。

なぜここではマルチレベルマーケティングを略さずにいるのかと言いますと、この言葉を深く刻んでいただきたいからです。今後も省略することは考えておりません。アルファベットでMLMと略されることもあります。
せっかくなのでシングルレベルマーケティングのことについても少々説明をいたしましょう。
従来型と言ってしまえば分かりにくいのでこう考えてください。
「良いものなのに紹介してもお金もらえない」のがシングルレベルマーケティングです。
それはお客はただ買うだけというシステムだからです。
先ほどは
メーカー→問屋→小売店→お客
の図式であると説明しました。
しかしどこか抜けていました。この図式は仲介マージンのことしか書いていない図式です。
それでは付け足してみましょう。
問屋→小売店の部分は仲介としておきます。

べらぼうに安い原材料

メーカー→仲介→お客


├→研究委託
├→製造委託された会社
└→CM制作会社→CM出演者
                     他にもありそう…

これは化粧品の例ですが、こんなにメーカー以外の会社とかが関わっていると言うことははっきり言ってメーカーのやっていることは散財です。この中でも大きなウエイトを占めるのは言うまでもなく考え込むこともなく人件費です。
そこで一個あたり2000円かそこらの化粧品を作るとすれば原価はその100分の1ぐらいでないとやっていけないそうです。ところがそれを排除した形になるとどうでしょう。
原材料と研究に経費をかけることができ、安く出提供できる。場合によってはお客への経済的還元が行える筋書きができるわけです。
経済的還元です。
マルチレベルマーケティングで言うところの「なんてらぼーなす」とか「売り上げの何割かがあなたの報酬」はそれを指すことになります。


しかしここで変なやる気を起こさないでください。


これを書いている私は…もっともなことを書きまくっている私はこの手のものについて初心者です。
それと同時にその気を起こしたあなたは何も準備ができていません。
以降の放送を楽しみつつ皆様と共にマルチレベルマーケティングと言う言葉をもっと理解していきましょう。
[PR]
# by bgyoukei | 2005-04-20 20:06 | ねずみ講しか知らないあなたに
 
あなたの消費活動は間違っている

はじめまして「職業安心所」所長の月島です。
今回このブログを立ち上げるにあたりまして、
http://www4.zero.ad.jp/kishow10/
の方に良きアドバイスをいただきました。っていってもタイトルだけなんですけどね。
局長が「それあったら購読したい、そして投稿したい」というと
「ぜひ作ってください」という考えようによっては「どうなんだその回答」ということになりかねないのですが、「超人イラスト送ります」という一声でなんとこれを作ることを決定してしまいました。

後今のブログのスキンが気に入っているのでそのままにします。
ほら、なんとなくビジネス系ブログってムードいっぱいでしょ?

さて与太話はおいときまして、みなさんテレビで何を見ますか?
某暴言吐きまくりの名前だけの歌番組とかですか?ほかにももっと見てるでしょ?
それはNHK以外の放送局なら必ず目にするCMというものです。
誰がなんと言おうとCMを見ない人というのはそんなにいません。
では何がどういいたいのかといいますと、CMにはお金がかかっているということです。

それでは次に唐突のようですが、
シングルレベルマーケティングと
マルチレベルマーケティングの
簡単なお話をしましょう。
現在日本の大半の企業が行っているのはシングルレベルマーケティングです。
つまり


メーカー→問屋→小売店→お客


といった構造ではないでしょうか。
これがそのシングルレベルマーケティングです。
しかしマルチレベルマーケティングには問屋→小売店という流れはなく


メーカー→お客


で成り立っているということです。
これだけの説明であればただの直接販売ですが、メーカーはCMを流しません。
それではどうするのか。
そこで口コミという力を借りるのです。そうすることによりCMを流さずに流通を起こすことができます。そのため流通の革命ともいわれています。
そして本来ならばCM代として使われるお金は「商品を口コミで伝えた人」に報酬という形で支払われます。これが世間で言うところのネットワークビジネスのひとつです。
マルチレベルマーケティングではおもに消耗品を生産しているところがそれを採用しています。消耗品は使っていれば必ずなくなりまた買って使うというリピートが起こります。
そうすることで恒久的な収入を得ることができます。
簡単に言うとそういうことです。

ただ人脈のない人は…または人脈を作る方法を知らない人はやめたほうがいいでしょう。
なぜならマルチレベルマーケティングは伝えていって使ってもらわないと収入が発生しないからです。とはいえ方法がないわけではありません。それは追って説明しましょう。

CMにはお金がかかるといいました。
では何にお金がかかるのでしょうか。
人件費は絶対かかります。出演しているタレントに出演料を払わなければなりません。
もしあなたが何か買おうとしたところで、嫌いなタレントがCMをやっていたらあなたはそれを買う気になるかどうかです。
例であげて言いますと、某プリンターの会社がありました。
局長は以前にそこのスキャナーを買ったことをステータスとしていた頃が合ったらしいのですが、邪魔になるので売り払ったそうですが、それはおいといて。
ある頃からこの会社のプリンターのCMに某アイドルグループが出演するようになりました。局長はそれを見たとたんその会社を嫌いになりました。

CM出して売っているものはとても高いです。一見「高いからいいもの」という風に思われがちですが、CMを見て買うということはCMにお金を払っているものと同じことだと考えてください。

ちなみにプリンターはLEXMARKをお勧めします。
[PR]
# by bgyoukei | 2005-04-20 14:04 | ねずみ講しか知らないあなたに


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アイエイケイ副局長
是非お越しください。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク